小型犬の寿命

犬が雷や花火を怖がる理由と3種の行動別の対策 愛犬の選び方
犬が雷や花火を怖がる理由と3種の行動別の対策

小型犬の寿命

 

小型犬の寿命は何も持病がなかった場合、13歳前後、うまくいくと20歳くらい寿命はあります。

長生きになってきた理由は食事や健康管理などの影響もありますが、何といっても動物医療、特に予防医療の発達だと思います。

予防接種や歯磨き、健康診断を適切に行うことで寿命は延びてきています。

一方で、老犬になって、医療費が高くつき、犬のためにアルバイトをするという飼い主さんもいます。

ペット保険の必要性があると、感じます。

ペット保険も大手は生後7歳までに加入はできますが、その後は保健の加入は出来ないところがほとんどですので、犬が若いうちに入るか入らないかを決めましょう。

 

大型犬と寿命比較

大型犬は10歳前後といわれていますので、一般的に小型犬は大型犬よりも寿命は長いと言えます。

小さい体なので、大型犬と比べると短命のイメージがありますが、逆で大型犬よりも中型犬、中型犬よりも小型犬の方が寿命は長いのです。

 

これは運動量に関係するのですが、大型犬が自分の体を維持するだけの運動量を毎日得られるかというと、難しい環境があります。 鍛えられなかった身体が内臓を圧迫することで病気が発生するため短命であるとの説があります。

その点、小型犬は自分の体が小さい分、散歩や室内で活動することで筋肉を維持することが可能な為、寿命が長いのだといわれています。

小型犬は20年近く家族の一員として暮らすのだということを覚えておいてください。

 

しつけ 健康管理 愛犬選び 老犬介護 手続き

 
 

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬情報へ にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました