ペットの火葬、葬儀、霊園の探し方、トラブルを避けたい、サイト4選

ペットの火葬、葬儀、霊園はその時になってから、動物病院に紹介してもらえばいいと、思っていませんか?

動物病院の先生も、少しでも長く飼い主さんと過ごせる日々を作ることが使命と考えてくれています。 

動物病院では、ペットが亡くなるその日まで、動物霊園の紹介はしない病院がほとんどです。

ですが、実際には、ペットが亡くなった日が動物病院が休診日ということも発生します。連絡が取れないことも起こるということです。また、紹介された霊園の料金が高額だったり、アクセスがよくなかったりすることもあります。

もしもの時のために、知っておくことは大切なことだと思います。

ペットの火葬、葬儀、霊園の選び方、探し方、トラブルを避けるために、役立つサイトを3つをお知らせします。

ペットの火葬、葬儀、霊園の探し方、トラブルを避ける、サイト3選

ペット霊園の探し方 

地域にペット霊園があるかどうかの検索ワードは”地域名”プラス”火葬”、”葬儀”、”霊園”などを入れると出てきます。 
ただ、検索で出てきたところが、きちんとしたところかどうかというのは分かりにくいです。 

トラブルの例


●追加料金などを取られるお金の問題
●ペットの火葬後、骨を飼い主さんに返却しないコースの場合、火葬せずに放置したり、どこかの山に埋めてしまったりする詐欺問題
●ペットを亡くしたばかりの飼い主さんの気持ちを理解しない言動

などです。 

心が折れそうな時に、こんなことがると余計につらくなってしまいます。
本当に避けたいです。 

霊園の探しに役立つサイト4選

ペットの火葬、葬儀、霊園の探し方、トラブルを避ける、サイト3選

霊園探しに役立つサイトを3つほどご紹介したいと思います。 

1)アニコムメモリアル


評判のいいペット霊園の検索サイト
https://www.anicom-osoushiki.com/

アニコムはペット保険でナンバーワンの会社です。 
アニコムが運営しているペット霊園の検索サイトですので、良いのではないかと思います。 
★ペットのご遺体は霊園まで連れて行く必要があります。

2)ペット葬儀霊園ネット


お近くの火葬場、葬儀社、霊園が探せます。

安心マーク|ペット火葬の【ペット葬儀・霊園ネット】
あなたのお近くのペット火葬場・葬儀社・霊...

ペット葬儀霊園ネットは基準を満たした火葬場、葬儀社、霊園に「たのんで安心マーク」を発行しています。「安心マーク」を発行している業者には、「確認書」にサインをもらい保管しているそうです。

「安心マーク」の確認書の内容
ホームページやパンフレットなどに掲載している料金、もしくは事前に見積書などの形でお客様に提示した料金に対して、不当に高額な料金を後から請求しません。お客様の立場で誠心誠意業務にあたります。

うちがお願いした「ぽちたま霊園」もこの「安心マーク」のある葬儀社さんでした。

★ペットのご遺体は霊園まで連れて行く必要があります。 

ペットの遺体を霊園まで連れて行けない場合は、以下のペット葬儀110番をご覧ください。

3)【ペット葬儀110番】

ペットの火葬、葬儀、霊園の探し方、トラブルを避ける、サイト3選


ペット葬儀110が他の1) アニコムメモリアル 2) ペット葬儀霊園ネット と違う点は以下の3点です。

①自社の霊園ではなく、提携霊園で火葬、埋葬する
②専用火葬車を持っており、迎えに来た車で火葬し、お骨を飼い主さんにお渡しする
③ ペットのご遺体を車でお迎えに来てくれるサービスもある

ペット葬儀110番の特徴

・ペット葬儀「8,500円~」の安心価格
・日本全国・年中無休・24時間対応
・東証上場企業である「シェアリングテクノロジー株式会社」が運営しているので、安心
・追加料金不要の明朗会計

ペット葬儀110番のレビュー

利用した方のレビューを見てみると、シェアナンバーワンだけあって、追加料金を取られたりというようなトラブルはありませんでした。 
ただ、地域や飼い主さんによっては、ペットを亡くした気持ちに寄り添ってもらえなかった、事務的だったというレビューもありましたので、担当者の当たり外れはあるようです。

迎えに来てくれる、安心価格、24時間対応してくれるという点はとてもありがたい存在です。

4)市町村役場の環境衛生課等

市町村役場でも対応してもらえます。 
但し、お骨は帰ってきません。
ペットのご遺体を有料(5,000円前後)で引き取るというものです。 
地域によっては信頼できるペット霊園が見当たらないという場合もあると思いますので、その時は地域の役場に問い合わせてください。 

検索は「地域、市町村名」+「動物の死体」で検索すると出てくると思います。

もしもの時のために、事前に調べておくことは大切です。

まとめ

愛犬の最後なんて考えたくもない。 そう思って老犬のお世話をしていました。 でも、弱っていく愛犬を見ると、明日どうなっているのか、もしもの時どうしたらよいのか、犬は自分が見送ってあげないといけないのに、ペット霊園のことは調べたくないという葛藤がありました。 

いざ、動物病院が休診の日に亡くなってみると、慌てました。

亡くなったペットをどのくらい自宅に置いていられるのかも分からず、もう少し時間があればと思いました。 

この記事を読んでくださっている飼い主さんも、不安に思ったら、この記事を思い出してください。少し調べてみるのは罪ではありません。 愛犬に悪いという気持ちではなく、見送らなければならない飼い主の準備です。 

一日でも長く、愛犬と一緒にいられますように、飼い主さんの不安が解消されますように。 

このページで紹介したサイトまとめ

アニコムメモリアル

ペット葬儀霊園ネット

【ペット葬儀110番】

→検索「市町村名」+「動物の死体」

関連記事

【ペット葬儀110番】と【ペット霊園】、サービス、料金、口コミを比較してみた

ドッグフード しつけ 健康管理 老犬介護 手続き