しつけ

しつけ

「子犬の噛み癖」しつけ方、人の手や家具を噛む場合の対処

子犬が噛む対策(しつけ)をまとめました。子犬が噛むのは通常一時的なことですが、習慣付けることで、噛む癖がなくなっていきます。 
しつけ

犬の7ヶ月頃は【反抗期】吠える、食べない、問題行動の理由としつけ

生後7ヶ月頃は小型犬にとって成犬の役割を見つけようとする時期、人間でいう反抗期にあたり、問題行動も出てきます。  吠え、散歩時のひっぱり、フードを食べなくなる、足を上げておしっこをするという行動は成犬になるしるし。 理由を理解し、「しつけ」や「健康管理」に取り組みましょう。 
しつけ

小型犬のトイレの場所(室内と室外のメリットデメリット)

小型犬の場合は室内の決められた場所でトイレが出来ることで、留守番や雨の日の散歩が楽になります。 室内、室外のメリットデメリットをまとめましたので、家族で決めましょう。 室内にするか室外にするかによって、しつけ方も違ってきます。
しつけ

子犬のトイレトレーニング、失敗させない、叱らない、しつけ方

トイレトレーニングはトイレを失敗させないこと、粗相をしても叱らないことが成功の近道です。 失敗させないためにはケージやクレートなどの準備をし、叱らないために家族でルール作りをしましょう。 
しつけ

犬のしつけ、本だけではうまくいかない理由。 インストラクターの選び方と相場

犬のしつけ本の通りやってみてもうまくいかない理由は犬によって反応が様々で対応も様々なこと。 タイミング良く、失敗なくしつけるためにはトレーナーに教えてもらうのが一番の近道です。 
しつけ

子犬の育犬ノイローゼの解決はしつけクラスに参加してトレーナーと会ってみよう!

子犬の育犬ノイローゼが増加しています。 解決するにはしつけインストラクターの主催するクラスやパピーパーティーに参加し、しつけのレッスンを学びましょう。 しつけクラスは楽しく参加できるものばかりです。 インストラクターの価格相場や探し方もご参考に。
しつけ

子犬の夜鳴きのしつけ方法 <クレートを使ったしつけ方>

犬の夜泣きのしつけ方をクレートを使ってトレーニングしていきます。
しつけ

室内犬が落ち着いて【留守番が出来る3つのポイント】

室内犬が静かに落ち着いてお留守番 が出来るのは飼い主にとってとても重要です。 留守番 中に特別なおもちゃを与えて留守番を犬にとって楽しいものにしましょう。落ち着ける場所として、ケージの活用をお勧めします。
しつけ

子犬が来て1週間目にする【3つの大切なこと】 

子犬が来て一週間の間にすること、「これまでと同じものを用意する」「トイレの習慣」「夜鳴きのしつけ」この3点について解説します。