小型犬の首輪(カラー)の正しい選び方 引っ張り癖を直そう!

しつけ

犬の首輪は大きく分けて、首輪タイプのカラー、前足と肩に通す胴輪(ハーネス)、しつけを目的とした機能を持たせたチェーンカラーなどがあります。 

小型犬用の首輪は通常の首に一重に巻くタイプのカラーが最適です。

但し、バグなど、頭よりも首が太く、首輪(カラー)がすぐに抜けてしまうタイプの犬は前足にも通すタイプのハーネスが必要です。 

小型犬の場合、軽い材質のもので、首のサイズに合わせて微妙なサイズ調節が出来るものがおすすめです。特にトリミングの必要な犬種(プードル、ビションフリーゼ、マルチーズ、シーズーなど)はトリミングをする前と後では首周りの太さが違ってきます。 トリミングの前後に応じて微妙にバックル調節できるものをおすすめします。 

首輪に鈴はNG、つけないで

鈴など金属音のするものは首輪につけないようにした方が良いでしょう。 

飼い主さんによっては、犬がどこにいるのかわかるように鈴をつけたい、アクセサリーとしてかわいいなどの理由から、鈴をつける方もあるのですが、小型犬は金属音におびえるタイプの犬が多く、常時首輪に鈴がついていると、ストレスになります。 鈴はつけないようにしましょう。

引っ張り癖を直すには?

首輪をして、引っ張るとどうなるかを体感させるのが引っ張り癖を直すことにつながります。 
散歩に出て、犬が引っ張った時に飼い主さんはタイミングよく立ち止まってみてください。 無言で、犬が引っ張ったら、飼い主さんは立ち止まる、動かない。 飼い主さんはリードを引っ張ったり、声を出して犬を制したりせず、  犬が引っ張るのを止め、犬が引っ張っていたリードが緩んだら、散歩を再開する、この繰り返しです。 

最初は散歩に出ても目的地に到達できないことが多くなるかもしれませんが、繰り返し習慣つけると犬は引っ張らなくなります。 

引っ張り癖を直すためにも、首輪(カラー)はタイミングよく犬に知らせるためにとても有効なしつけグッズなのです。 

ハーネスではタイミングがぼやけることが多く、しつけの面でも首輪(カラー)を選びたいです。 

首輪(カラー)おすすめの犬種 

プードル、ビションフリーゼ、マルチーズ、シーズー、チワワなどほとんどの犬種に通常の首輪(カラー)をおすすめしています。 

散歩中、引っ張って苦しそうにするので、ハーネスの方が良いのではないかと、思う飼い主さんもいますが、全く逆で、ハーネスをすると余計に引っ張るようになります。 

毛の絡まるタイプの犬(トイプードル)ビションフリーゼなどはハーネスをすると、ハーネスの紐のところで毛が絡まり、ブラッシングなどお手入れもしにくくなりますので、お手入れの面でも首輪(カラー)をおすすめします。

首輪(カラー)

ハーネスおすすめの犬種

パグ、ブルドッグ

頭と首周りの太さの差があまりなく、首輪(カラー)をしても抜けてしまうタイプの犬にハーネスをおすすめしています。 
パグやブルドッグは毛足も短く、ハーネスをつけても毛が絡まったりすることもないため、ハーネスに向いています。 

ハーネス 



 

チェーンカラー向きの犬種 

ジャックラッセルテリア、ミニチュアダックスフント

同じ犬種でも、引っ張り癖の強く出る性格の犬にしつけをタイミングよく伝えるグッズとしてチェーンカラーをつける場合があります。 
首を絞められてしてはいけないことを分からせるためのグッズではありません。
 
チェーンのこすれる音がすると、次のタイミングで首が絞まるので、犬は

引っ張る⇒チェーンの音⇒首がしまる と学習します。 

引っ張り癖を直すチェーンカラーのしつけは、

犬が引っ張る⇒チェーンの音がする⇒引っ張るのを止める⇒首が絞まらない 

ということを学習させるためのものです。 

チェーンの音をしっかりと鳴らし、犬に伝えるようにすることが大切です。

タイミングよくチェーンの音を伝えることで、してはいけないことをするとチェーンの音がする、止めると首が絞まらないということを学習させるためのものです。 

小型犬の中では特に性格の強いジャックラッセル以外はハーフチェーンカラーで十分です。 

ハーフチェーンカラー 

性格の強いジャックラッセルでお悩みの方は、お住いの地域で犬のトレーナー、インストラクターの指導を受けられることをおすすめします。 

しっかりとしつけをすると、飼いやすくなります。

先ずはプロのアドバイスを受けて、気持ちを楽にしてください。 

関連記事

「小型犬のリード」長さ、おすすめ素材、リール式が危険な理由

犬の夜の散歩、交通事故防止に光る反射グッズ、首輪、リードを

ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」
しつけ 健康管理 愛犬選び 老犬介護 手続き
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました