ハナは天国に旅立ちました

12月22日、日曜日の午後4時半ごろ、愛犬ハナが天国に旅立ちました。 

17歳と2ヶ月でした。 

心臓弁膜症もありましたが、最後は老衰、体の全てを使いきり、天寿を全うしたと思います。 

22日はづっと診てやることが出来、膝の上で心臓の鼓動が小さくなっていくのもわかりました。 

「年とって、よごして汚くても、臭くても、ママはハナのことが大好きだったよ、ありがとうね」と声をかけました。

その日に動物病院に連れて行けば、もう何日かは持ちこたえたかもしれませんが、もう、何度も同じ山を越えさせることは出来ないと思い、自然に見送りました。 

翌日、23日に霊園で火葬してもらいました。 

悲しいというより、お疲れ様、よく頑張ったね、寂しくなるよ、またどこかで会おうね。

と、心の中でつぶやきました。 

火葬された後の骨を骨壷に収めましたが、とてもキレイでかわいい骨で、ハナは焼いた後もかわいい!と親ばか丸出しでした。

足の指の骨を一本分けてもらい、カプセルに入れてキーホルダーにしています。 

これでお散歩できるねっ。

ペットの骨カプセル
火葬したペットの骨をカプセルに入れて持ち歩くことが出来ます。

ハナには本当に感謝しかありません。 

ハナママもしつけや老犬介護にと精一杯させてもらい、成長させてもらいました。 

少し時間が出来たので、ハナから学んだこと、行って楽しかったところ、困ったことを解決したことを皆さんにお届けしていこうと思います。

心配してくださっていたワン友のみなさま、ブログを参考にしてくださっている飼い主のみなさま、本当にありがとう。 

ブログは続けますので、ご安心くださいね。